WiMAX キャッシュバック 新幹線

新幹線でWiMAX2+を利用する

uq wi−fi 新幹線でネット

出張で新幹線を利用するビジネスマンは移動中もインターネットを使いたいですよね。

 

私もよく仕事で新幹線を利用しますが、移動中の時間はパワーポイントで資料を作ったり、取引先にメールをしたりしています。

 

インターネットを使うためにスマートフォンのテザリングを利用していた時もありましたが、高速で移動する新幹線では電波が繋がりにくく、使いすぎると通信料制限にひっかかってしまうことがありました。

 

 

似たような経験を持つ方も多いと思いますが、実は新幹線で使えるWi-Fiサービスがあります。

 

それが「UQ Wi-Fi」です。

 

 

UQ Wi-FiはUQコミュニケーションズ株式会社が提供する公衆無線LANサービスで、JRとガッチリ組んで新幹線に導入しているので移動中でも高速に使うことができます。

 

しかし、このUQ Wi-Fiを利用するためにはどのWiMAXのプロバイダでも良いという訳ではありません。UQ Wi-Fiを使えるのはUQコミュニケーションズ株式会社が提供するUQ WiMAXと契約している利用者のみです。

 

GMOとくとくBBや@nifty、So-netなどのプロバイダではUQ Wi-Fiが使えません。

 

新幹線の中でもWiMAXを使えますが、山間部などの電波が弱いエリアではUQ Wi-Fiを使えた方が安心です。

 

移動中もインターネットに接続して仕事をするならプロバイダはUQ WiMAXを選ぶのがおすすめです!

 

 

WiMAX 新幹線 


関連ページ

一人暮らしを使う
WiMAXは一人暮らしをする人におすすめです。固定回線とは違って契約したらすぐに使えますし、難しいルーターの設定もありません。無線でインターネットを使えるので配線で部屋がゴチャゴチャすることもありません。
戸建てで使う
一戸建てでフレッツ光等の光回線を使う場合、月額料金が高めに設定されているだけでなく、初期費用だけで15,000円程かかってしまいます。WiMAX2+であれば初期費用なしですぐに利用可能なのでオススメです。
マンションで使う
マンションでひかり回線を使うとベストエフォート形式になってしまうため、通信速度が謳われている最高速度よりも大きく低下してしまいます。WiMAXば、電波が強く速度低下しにくくおすすめです。
高層階で使う
WiMAXは高層マンションでは電波が入りにくい傾向にありましたが、最近は高層階への対策が進んでいます。上層階で利用する際の注意点を解説しています。