WiMAX キャッシュバック マンション

マンション住まいの人はひかり回線よりもWiMAXがオススメです!

WiMAX マンション

 

パソコンなどでインターネットを使うのは自宅のみなのでフレッツ光等の固定回線で十分、と思われる方がいるかもしれません。

 

確かにその場合は固定回線で十分かもしれませんが、マンション住まいの方はWiMAXの方が快適に使えることが多いです。

 

マンションのひかり回線はベストエフォート方式であるため速度が出にくいのです。

 

ベストエフォート

光回線の広告には「最大1000Mbps(1Gbps)の超高速!」と謳われていることがあります。魅力的に感じてしまいますが、よく見ると、小さく”ベストエフォート型”と記載されています。

 

ベストエフォートとは、最も条件が良い場合で測定した時の理論値であり、現実はそこまでスピードが出るわけでありません。ベストエフォートという言葉は最近は、”品質を保証しない”という意味で使われているのです。

 

実際に速度を計測してみると2〜3Mbpsしか出ないという事はよく聞く話です。

 

 

では、なぜ光回線は速度が出ないか?というとVDSL方式を用いている事が多いからです。

 

VDSL方式は、簡単に言うと、1本の光回線をマンションの最大十数人で共有する方式です。この共有する人数はそのマンションの契約戸数で決まります。光回線が1Gbps出たとしても十数人でシャアするので一人当たりの速度は著しく低下し、マンションにヘビーユーザーがいれば更に低下する場合があります。

 

また、基地局からマンションまでは光回線が使われていてもマンション内で各部屋に分配される回線にはADSL回線というスピードの遅い回線が使われている場合もあります。マンション内の回線も光回線が使われている光配線方式もありますが、この場合は料金が高くなってしまいます。

 

WiMAXはマンションでも高速に使えます!

 

WiMAXは無線方式になりますが、2.6GHzと高い周波数を使っているため、電波が建物などの障害物があると回折しにくく、届きにくいという弱点があります。

 

そのため、室内の窓から遠い場所での使用には難があることは事実です。しかし、室内での使用時には窓際にルーターを置くことで電波の受信感度があがり、本来の通信速度を体感できるようになります。

 

 

以上のことから、マンション住まいでもっと高速にインターネットを使いたい方、これからマンションに住むことを検討されている方には光回線よりもWiMAXの方がオススメです!

 

 

WiMAX マンション


関連ページ

新幹線で使う
出張の多いサラリーマンは新幹線でWiMAX2+を利用したいですよね。新幹線には「UQ Wi-Fi」が整備されていますが、この「UQ Wi-Fi」を使うにはUQ WiMAXと契約する必要があります。
一人暮らしを使う
WiMAXは一人暮らしをする人におすすめです。固定回線とは違って契約したらすぐに使えますし、難しいルーターの設定もありません。無線でインターネットを使えるので配線で部屋がゴチャゴチャすることもありません。
戸建てで使う
一戸建てでフレッツ光等の光回線を使う場合、月額料金が高めに設定されているだけでなく、初期費用だけで15,000円程かかってしまいます。WiMAX2+であれば初期費用なしですぐに利用可能なのでオススメです。
高層階で使う
WiMAXは高層マンションでは電波が入りにくい傾向にありましたが、最近は高層階への対策が進んでいます。上層階で利用する際の注意点を解説しています。